プロテインだけで筋肉増強できる?

プロテインを飲むだけで筋肉がつくって本当?

友達がプロテインを飲めば筋肉がつくって言ってたんですけど、本当ですか?

★ トレーニングが必要。プロテインを飲むだけでは筋肉はつかない。

 

プロテインは、ボディビルダーや筋肉マニアの人に愛飲されていますが、残念ながら飲んだだけで筋肉がつくことはありません。

 

プロテインは、いわばたんぱく質のサプリメント。
たんぱく質豊富な肉や魚を食べたからといって、筋肉質な体になるわけではないですよね。

 

プロテインを飲むことで筋肉の材料を体に取り入れたことになるので、あと必要になってくるのはトレーニングです。

 

ボディビルダーや筋肉マニアの人が分厚い胸筋やシックスパッドの腹筋を持っているのは、プロテインを飲んでいるからというのは半分正解。
もう半分の理由はトレーニングによって筋肉をいじめているからです。

 

筋肉をつけるには、筋トレなどのトレーニングによって一度筋繊維を壊し、修復させなければなりません。
修復の過程で、以前よりもたくましい筋肉になっていくわけですね。

 

筋肉をつけるにはハードな筋トレが必要なわけですが、では、筋トレonlyでいいのかというとそうでもありません。

 

いくら筋トレをしたからといっても、筋肉を形作る材料がなければ、筋肉はつきにくくなってしまうためです。
たんぱく質をはじめとする必要な栄養が不足していては、せっかくのトレーニングも効果が半減してしまうんですね。

 

食事だけで筋肉形成に必要なたんぱく質を摂るのは大変なので、プロテインは非常に効果的。
ボディビルダーや筋肉マニアの人がプロテインを愛飲しているのはそのためなんですね。

 

プロテインと筋トレ、2つの相乗効果によって理想の筋肉は作られるわけです。

 

なお、プロテインを飲む際は、摂りすぎにも注意しましょう。
摂りすぎると、腎臓や肝臓に負担がかかってしまいます。

 

★ テストステロンが多いと筋肉もつきやすい

 

理想の筋肉をつける上で欠かせないものに、男性ホルモンのテストステロンがあります。

 

男性は女性に比べて筋肉がつきやすいですよね。
これは、テストステロンの分泌量が影響しているためです。

 

テストステロンの分泌量によって筋肉の発達も変わってくるので、加齢によってテストステロンの分泌量が落ちてくると、トレーニングをしても思うような成果を得られないこともあります。

 

参照テストステロンと筋肉の関係 | 日本Men'sHealth医学会

 

「もしかしたらテストステロンの分泌量が減っているかも」と感じたら、テストステロンは、とある運動によっても高めることができます。

 

忙しい毎日で時間を確保するのは大変ですが、できそうなことから始めてみるのもいいですよね。よかったら、取り入れてみてください。

 

スロースクワット

両足を肩幅に開き、3秒かけて腰を下ろし、3秒かけて元に戻す。
これを10回繰り返します。

 

スローランニング

1kmを7〜9分ペースで30分走る。

 

なんちゃってトライアスロン

トライアスロンは非常にハードな競技ですが、距離をうんと短くすることで取り組みやすくなります。

 

参照男性ホルモンが増えるスポーツ、減るスポーツ | 日経Gooday

 

page top