プロテインの種類と選び方

プロテインの種類と選び方 WPC、WPIって何?

理想の筋肉をつけたり、細マッチョな体になるには、プロテインの摂取は欠かせないですよね。

 

いざプロテインを購入しようとすると、いくつかの種類があることに気がつきます。

 

たとえば、ホエイやカゼインがあったり、ホエイの中にもWPCやWPIという種類があったりします。
初めてだとちんぷんかんぷんですよね。

 

そこで、この記事では、プロテインの種類とその選び方についてまとめてみました。

 

あなた好みのプロテインを見つける参考にしてみてください。

 

プロテインの種類と特徴

スプーンに取り出したプロテイン

ホエイプロテイン

 

動物性。
ホエイとは、牛乳の乳清に含まれるたんぱく質を指します。
筋たんぱく質合成効果が最も大きいといわれています。

 

WPC

最もポピュラーなプロテイン。乳糖が残っているので、乳糖不耐症の場合は下痢や消化不良を起こすケースがあります。たんぱく質含有率は約7〜8割。

 

WPI

乳糖を限りなくゼロに近づけたプロテイン。たんぱく質含有率は約8割〜9割と高く、糖質や脂質が少なめという特徴があります。その分値段は少し高いです。

 

CFM

WPIの一種ともいえます。乳糖や脂質を除去していますが、WPCやWPIと比べてBCAAの含有率が高い傾向にあります。たんぱく質含有率は約8割〜9割。価格はやや高め。

 

WPH

こちらも乳糖を除去していて、BCAAの含有率も高いです。たんぱく質含有率は約80〜95%。WPC、WPI、CFMと比べて、消化吸収が1時間未満と一番早いです(他の3つは1時間前後)。値段も高いです。

 

カゼインプロテイン

 

動物性。
牛乳のカゼイタンパクから作られたプロテインです。
BCAA含有率は少し低め。
たんぱく質含有率は約7割〜8割。
胃酸で固まりやすいため、消化吸収速度が6〜8時間とかなり遅いです。

 

ソイプロテイン

 

植物性。
大豆タンパクから作られたプロテインです。
たんぱく質含有率は約7割〜8割。
消化吸収速度が5〜7時間と遅めです。
イソフラボンやレシチンなどの美容成分も摂れます。

 

あなたに最適なプロテインは?

大豆とプロテイン

初めてでどれを選べばいいかわからない

 

一般的なホエイプロテインのWPCから始めてみましょう。
いろいろな種類があるので、飲み比べてみて好みの味や価格で続けることができます。
慣れてきたら、別のカテゴリも試してみてもいいかもしれませんね。

 

牛乳が飲めない

 

牛乳が飲めない場合は、乳糖を除去したホエイプロテインのWPI、CFM、WPH、ソイプロテインから選んでみましょう。
WPI、CFM、WPHは、たんぱく質含有率も高めなので、カロリーを抑えめにしてたんぱく質を効率よく摂取できます。

 

女性にピッタリなプロテイン

 

女性ならソイプロテインがおすすめです。
イソフラボンやレシチンなどが含まれた大豆は美容や健康にいいので、女性にピッタリといえます。

 

まとめ

 

プロテインと一口にいっても、いろいろな種類があるものですね。

 

たんぱく質含有率が高い商品ほど、たくさんのたんぱく質を摂取できるので、価格とのバランスも考慮して選んでみるといいかもしれません。

 

価格が安いからといってたんぱく質含有率の低いものを選んでしまうと、効率が悪くなるというケースも。
たんぱく質1gあたりの価格を計算して比較してみるのもいいですね。

 

あとは、好みの味を見つけるのも大切。
飽きがこないよう、違う味のプロテインを複数用意するのも楽しくトレーニングを続ける秘訣かもしれません。

page top